中性脂肪について知ってほしい5つのこと。

中性脂肪ってただやみくもに下げればいい悪いものと捉えていませんか?ある程度適正な中性脂肪は体の中には必要なのです。中性脂肪についての正しい知識と体に負担なく適正値に下げる方法についてご紹介します。

ランチのコンビニ弁当でも中性脂肪に気を遣おう

食事で中性脂肪を気にするあまり、食事量そのものが減ってしまうのはよくありません。 そうすることで、食後、エネルギー不足から、仕事の能率が悪くなったり、小腹が減ったりして、結局は間食や、ヤケ食いなどをしてしまい、本末転倒といった結果に…。

では、どのようなものを選んで、お腹を満たしていくのがよいのでしょうか。 まずは、選ぶ上でのポイントをおさえておきましょう。

1.動物性脂肪の多い肉を避ける

ソーセージ、メンチカツ、ハンバーグが代表的な例になります。高カロリーで、飽和脂肪酸が多いため、なかなかエネルギーになりません。

2.新しいものを選ぶ

弁当を買おうとすると、つい「おつとめ品」などの割引シールに目がいってしまいますが、時間が経過した揚げ物に使われている油は酸化しており、コレステロール値の上昇の原因と言われる「過酸化脂質」という有害物質に変わってしまいます。数百円の節約よりも、新しい弁当を買って、健康を選択するのが正しいですね!

3.野菜の小パックを買う

おひたし、酢の物、あえものなどの小さなパックを1品追加で買うようにしましょう。 この時気をつけたいのは、味付け。マヨネーズ、サウザンなどの洋風ドレッシングは高カロリーなので、避けたいところです。その代わりに、ポン酢や和風ドレッシングを選ぶのがベターです。

4.塩分の少ないものを選ぶ

特に気をつけたいのは「しゃけ弁」。弁当の定番ですが、塩鮭は、その名のとおり、大量に塩を使って味をつけています。同様に、漬物も塩分が多いので注意しましょう。

上記を気をつけてみると、カロリーが低く薄味の、「豚肉のしょうが焼き」「さばのみそ煮」「焼き魚」などが候補としてあがってきます。 ぜひ、4つのポイントに気を使ってランチ選びを考えなおしてみましょう。

ページのトップへ戻る