中性脂肪について知ってほしい5つのこと。

中性脂肪ってただやみくもに下げればいい悪いものと捉えていませんか?ある程度適正な中性脂肪は体の中には必要なのです。中性脂肪についての正しい知識と体に負担なく適正値に下げる方法についてご紹介します。

中性脂肪とコレステロールの関係

中性脂肪もコレステロールも体内にある脂質の種類ですが、コレステロールは体内の構造脂質、中性脂肪は貯蔵脂質という違いがあります。

中性脂肪は、摂取した糖質、たんぱく質、脂質のうち、余分なものが皮下の脂肪組織や肝臓に貯蔵されたもので、食物が不足すると、中性脂肪は脂肪酸とグリセロールとに分解され、脂肪酸は各臓器でエネルギー源として、グリセロールは肝臓のエネルギー源として活用されます。 いざというときの備蓄食料と考えればわかりやすいですね!

コレステロールはホルモンの構成材料である

コレステロールは生体機能を整えるためのホルモンの材料でもあり、副腎皮質ホルモン、男性ホルモンや女性ホルモンなどを構成する成分です。 また、食物の消化吸収に必要な胆汁の主成分である、胆汁酸の材料としても利用されています。

そんなコレステロールですが、良いコレステロールと悪いコレステロールの2種類があり、良いコレステロールといわれるのはHDLというもので、悪いコレステロールといわれるのはLDLになります。後者のLDLは、血液中を通って全身に運ばれて細胞膜やホルモンの合成に使われるのですが、増えすぎると血管を細くして、動脈硬化の原因になってしまうこともあります。 一方、HDLは、血管に付着したLDLを取り去って肝臓に運んでくれます。ゆえに、体内に多ければ多いほどいいものなのです。

しかし、血液中の中性脂肪が増えることで、良いHDLコレステロールを減らして、悪いLDLコレステロールが増えてしまうことがわかってきました。つまり、中性脂肪の増加によって動脈硬化を促進させてしまう可能性があるのです。 これが「高脂血症」といわれる病気で、血液中の中性脂肪や悪いコレステロールが基準値を超えてしまった状態になります。

高脂血症には中性脂肪値が高い「高トリグリセライド症」とコレステロール値が高い「高コレステロール症」があります。いずれも、中性脂肪値が高い段階では自覚症状はほとんどなく、動脈硬化が起こって初めてわかるケースも多くあります。

ページのトップへ戻る